MyForrest -by Mikazuki-
<< M駅 終着点 ゼロヨンイチロクの旅5 | main | 食卓にビールをのなぞ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
蛇足 ゼロヨンイチロクの旅番外
やっと最後まで行きました。
実際に行ってからすでに10日以上。もともと文章書くのが得意でないうえに仕事が始まってしまいぐたぐたになってしまいました。
最後までおつきあいくださった方ありがとう。

もともと作品の舞台を訪れるというのは昔から好きでした。
高校生の頃「耳をすませば」に感動して地図で調べてモデルになった場所を探して行ったり、なぜなんだかよくわからないけど今でも好きな「ぼくの女神さま」(著 とまとあき、塚本裕美子)の舞台が割と近所だったので自転車で回ったりとかしていました。
自分に関係あるところではなくてもローカルなネタはわりと好き。

その中でも今回のコースはかなりよかったです。見所も多いし。
ただ夏はオススメしません。熱射病で死にます。すごい日焼けしちゃいました。
秋なんかいいかもしれませんね。広葉樹が色づく頃。武蔵野の秋。
自然が残る中を散歩して、蕎麦食って温泉入ったら気持ちいいですよ、たぶん。
国立天文台で一般向けツアーみたいなのやってる日もあるみたいなので合わせたらいいかもしれませんね。

ゼロヨンイチロクの中に出てきたところは学校方面をのぞいて割と網羅していると思います。
学校は鉄橋を越えるというのですから八王子方面でしょうか?
登った山はどこかな?高尾山ではないでしょうね。見えた湖は相模湖?
あのあたりはハイキング向きの山が多いので特定は難しいかも。
まああっちの方と言うことで。

それではまた何かネタがあったら更新します。それまでしばらくお休み。

今さらですがこのページへのリンク、コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ。
| mikazuki | ゼロヨンイチロクの旅 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:02 | - | - |









http://mikazuki.jugem.cc/trackback/10
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (JUGEMレビュー »)
桜庭 一樹
子供ではいられず大人にもなれない。
生きるために戦いながら、その無力さに打ちのめされる。
男の子だったら別の表現をしたでしょう。「強くなりたい……」と。

大人もかつてはみなサバイバーだったはず。

そういうお話。
嘘つきは妹にしておく
嘘つきは妹にしておく (JUGEMレビュー »)
清水 マリコ
清水マリコさんのオリジナル第1作。
現実と虚構が混然となるすばらしい世界観。
優しく心地よい文章。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
このページの先頭へ