MyForrest -by Mikazuki-
<< 食卓にビールをのなぞ | main | 清水マリコの新作10月発売 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ごにょごにょ
食卓にビールをのなぞへのお返事をBAD_TRIPさんからいただきました。うれしいなっと。

誰が悪くて誰が悪くないというような結論はなるべくさけるようにしようとは思って書いたのですが、小林めぐみの初期3部作(ねこたま、まさかな、ねこのめ)をこよなく愛するわたしの偏りが文章に出てしまったみたいです。
>全然中身が変わってないようなら多分もう読まないよ。
たぶん変わってないでしょう・・・
編集部に未成年飲酒に関するクレームが山ほど行ったとかない限り。

また前にも書きましたように伝聞したことばかりですので、これが正しい見方とは限りません。確かなソースがあればよいのですが。
何か情報やご意見などありましたらコメントやメールにてお知らせいただければ助かります。
私も連載開始頃のバトルロイヤル探してみようかと思います。
本屋で取り寄せできるかなあ?

ところで各所でゼロヨンイチロクと関連して扱われていた「光車よまわれ!」を復刊ドットコムで買いました。
小学校の頃に読んでいたのですが、さすがにうっすらと水たまりが怖くなった記憶があるくらいでしたのでこれから読んでみようと思っています。



このところJUGEMが時間帯によって大変重くなっています。
お越しいただいた方々にはご迷惑をおかけしております。
JUGEM利用者には「象さん来たー」として親しまれているこの現象。いつになったら直るのかな。
| mikazuki | 食卓にビールをのなぞ | 23:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:23 | - | - |
はじめまして。食卓にビールを、好きな作品なのでコメントつけさせていただきます。

『ある時はファンタジー作家。ある時は元某国立大学物理部の
女学生。またある時は新婚ホヤホヤの新妻――。(後略)』

というのが初回分の紹介です。また文中においても、

『実のところ学問を離れて○年の私が、そんな物理的矛盾を
覚えているはずがないのである』

と書かれています(文庫28P14行目にあたる部分)。

個人的にはライトノベルで夫婦でエビスビールというのは
塚本裕美子&とまとあきの後書きを彷彿とさせます。


引用、2文とも月刊ドラゴンマガジン 2003年8月号増刊 ファンタジアバトルロイヤル 第16巻 第10号より。p238,240。

長文失礼しました。
| Quji | 2004/09/12 2:06 AM |

Qujiさん情報ありがとうございます。
初回の紹介文に関してはメールでも情報をお寄せいただきました。
少なくとも連載初回は女子高生では無かったようですね。
また文庫化に際して簡単な修正で対応できるような箇所は手をいれてるということもはっきりしました。
しかしそれでもだいぶ矛盾は残ります。

2巻ではどうなっているか楽しみです。
| Mikazuki@通勤途中 | 2004/09/12 10:59 AM |










http://mikazuki.jugem.cc/trackback/12
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (JUGEMレビュー »)
桜庭 一樹
子供ではいられず大人にもなれない。
生きるために戦いながら、その無力さに打ちのめされる。
男の子だったら別の表現をしたでしょう。「強くなりたい……」と。

大人もかつてはみなサバイバーだったはず。

そういうお話。
嘘つきは妹にしておく
嘘つきは妹にしておく (JUGEMレビュー »)
清水 マリコ
清水マリコさんのオリジナル第1作。
現実と虚構が混然となるすばらしい世界観。
優しく心地よい文章。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
このページの先頭へ