MyForrest -by Mikazuki-
<< ごにょごにょ | main | 模様替えをいたしました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
清水マリコの新作10月発売
MF文庫Jのサイトの新刊案内によると10月25日に清水マリコさんの新作「青い目の少女(仮)」が発売になるようです。

>新作は、ちょっと不思議なキャラが続々登場する短編連作!
とのことですが、大洋社の文庫10月新刊一覧では「ゼロヨンイチナナ」となっています。
ゼロヨンイチロクの続編なのでしょうか?

ライトノベル関係で私が追いかけているのは、桑島由一さん清水マリコさん桜庭一樹さんの3人くらいなのですが、この3人の新作が今年は4月から10月にかけて毎月1冊ずつは出るという緊急事態となっています。
3人ともそう多作なタイプではないのでちょっとびっくり。
うれしい悲鳴です。


| mikazuki | 読みました | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:47 | - | - |









http://mikazuki.jugem.cc/trackback/13
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (JUGEMレビュー »)
桜庭 一樹
子供ではいられず大人にもなれない。
生きるために戦いながら、その無力さに打ちのめされる。
男の子だったら別の表現をしたでしょう。「強くなりたい……」と。

大人もかつてはみなサバイバーだったはず。

そういうお話。
嘘つきは妹にしておく
嘘つきは妹にしておく (JUGEMレビュー »)
清水 マリコ
清水マリコさんのオリジナル第1作。
現実と虚構が混然となるすばらしい世界観。
優しく心地よい文章。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
このページの先頭へ