MyForrest -by Mikazuki-
<< 桜庭一樹さんの公式サイトがオープン! | main | 奇想コレクション >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
食卓にビールをのなぞ リアクション編
食卓にビールをのなぞ」をBADTRIPさんからのお声掛かりで、モノグラフまいじゃー推進委員会に紹介していただきました。
反響も非常に大きく、ネットの片隅でひっそり暮らしていた身としては驚くばかりです。
ありがたやありがたや

おかげさまで記事を見た方からコメントやメールで情報をいただきました。
情報をくださった自爆5秒前さん、Qujiさんありがとうございました。

  • 連載初回 2003年8月号増刊 の紹介文

    「ある時はファンタジー小説家。ある時は元某国立大学物理学部の女学生。
    またあるときは新婚ホヤホヤの新妻−。そんな不思議な奥様は、実は世界の平和を守っていたのです・・・」
    やはり最初は女子高生という設定はなかったのは確かみたいですね。
    というかこれめぐみさんのことじゃ・・・


  • 同増刊の本文中に
    『実のところ学問を離れて○年の私が、そんな物理的矛盾を覚えているはずがないのである』

    と書かれています(文庫28P14行目にあたる部分)。
    文庫版を読むと付け焼き刃的に修正したであろうところはいくつか見つかるのですが、確かに部分的には修正してあるみたいですね。


  • 2004年2月号増刊の「対称姓篇」(1巻未収録)の台詞
    「ふっふっふ、十六歳の体に二十八歳の心を持つ妻か、二十八歳の体に十六歳の魂を持つ妻、どっちがいい?」
    この話は未読なのですが「28歳」という設定だったのでしょうか?
    どういう話なのか読んでみないとわからないですが、この話をアレンジすれば矛盾した設定を説明できる話になりそうな気も。


文庫版と同時期発売の2004年8月号増刊掲載分も内容は主婦モード全開であからさまなところだけ部分的に修正してある感じでした。

あといったいいつから女子高生という設定がついたのでしょうか?
バトルロイヤルって季刊でしたっけ?
すると2004年6月号か8月号増刊から?ずいぶん急だなあ。
女子高生設定が加わって文庫化まで間がなかったので、女子高生編書き下ろしだけで全体を書き直すまで出来なかったのか。
それともそんなめんどくさいことはそもそもやる気なしなのか。

2巻も1巻から時間が無く、書き下ろしのことを考えても大きな変化はなさそうな気がします。
ちょこちょことある矛盾点に読者からつっこみが入ったらどうするかな?

まあ個人的には「面白ければどうでもいい」かな。
でもここまでやってくるとちょっと興味がわいたり。


| mikazuki | 食卓にビールをのなぞ | 23:33 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:33 | - | - |
| 耳そうじ | 2008/10/24 2:07 PM |










http://mikazuki.jugem.cc/trackback/16
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (JUGEMレビュー »)
桜庭 一樹
子供ではいられず大人にもなれない。
生きるために戦いながら、その無力さに打ちのめされる。
男の子だったら別の表現をしたでしょう。「強くなりたい……」と。

大人もかつてはみなサバイバーだったはず。

そういうお話。
嘘つきは妹にしておく
嘘つきは妹にしておく (JUGEMレビュー »)
清水 マリコ
清水マリコさんのオリジナル第1作。
現実と虚構が混然となるすばらしい世界観。
優しく心地よい文章。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
このページの先頭へ