MyForrest -by Mikazuki-
<< 出張です | main | 忘れた…… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
世界の中で
ニュースを見ていたらふと米澤穂信さんの「さよなら妖精」が思い浮かびました。
私も高校生の頃ユーゴ、ボスニア内戦に興味を持ちいろいろ調べたことがありました。
そのころの戸惑い、憤り、なんだかわからないけれどこみ上げてくる感情、といったものが瞬間的に思い出されて、とても切なくなったのでした。
自分が立っている場所がどこなのか、知りたかった。
世界ってなんなのか知りたかった。

さようなら、香田君。
| mikazuki | 読みました | 00:54 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:54 | - | - |
| 耳そうじ | 2008/10/24 2:02 PM |










http://mikazuki.jugem.cc/trackback/20
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (JUGEMレビュー »)
桜庭 一樹
子供ではいられず大人にもなれない。
生きるために戦いながら、その無力さに打ちのめされる。
男の子だったら別の表現をしたでしょう。「強くなりたい……」と。

大人もかつてはみなサバイバーだったはず。

そういうお話。
嘘つきは妹にしておく
嘘つきは妹にしておく (JUGEMレビュー »)
清水 マリコ
清水マリコさんのオリジナル第1作。
現実と虚構が混然となるすばらしい世界観。
優しく心地よい文章。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
このページの先頭へ