MyForrest -by Mikazuki-
<< 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない | main | スウィングガールズ見てきました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ライトノベル好きに「初めての○○」10の質問
ライトノベル好きに「初めての○○」10の質問

あまり辺境に引きこもっているのもなんですから、たまにはこういうお祭りに参加してみようかなあ、と。

1. 初めて読んだ角川スニーカー文庫作品は何ですか?
ロードス島戦記!
初めてのライトノベルでした。読み始めたのは2巻と3巻のでた間くらいでしたから・・・そのころまだ小学生でした。
うわっすごい昔だなあ、そう考えると。年がばれちゃいますね。

2. 初めて読んだ電撃文庫作品は何ですか?
なんだろう?創刊ラインナップから読んでたはずだけど……
たぶんクリスタニアかな?これははずしてないだろ。
メディアワークスが角川から分裂したときは中学生くらいでしたが、そのときショックだったのは愛読してたマル勝スーパーファミコン(ダブルムーン伝説とか読者参加RPGが目当てでした。スーファミ持ってなかったし。本当は蓬莱学園とかクレギオンとかやりたかったんだけどお金無かったから)の編集者がごっそりいなくなっちゃったことでした。

3. 初めて読んだ富士見ファンタジア文庫作品は何ですか?
うーん?おぼえてないなあ。
なんか富士見ってマニアックな感じがして敬遠してたんですよね。初な中学生としては。
蓬莱学園の初恋!あたりかなあ。

4. 初めて読んだ富士見ミステリー文庫作品は何ですか?
あの空に届いた約束―フォルクローロの記憶……
地雷です。もうどうしようもないくらい。作者様には罰ゲームとして文豪作品書き取り百作の刑を処したいくらい。
これ以降、おそれて富士ミスには近づかなくなりました。GOSICKという救世主が現れるまで。
似たような企画の角川版スニーカー・ミステリ倶楽部の方はアクアリウムの夜とか結構読ませる作品多かったのに立ち消えになっちゃうし。
世の中ままならないですなぁ。


5. 初めて読んだファミ通文庫(ログアウト文庫)作品は何ですか?
ログアウト!なつかしっ!創刊号から買ってましたよ。
女王アイラスの受難―ウィザードリィ外伝でしょうね。
ログアウト文庫は知名度低いけどセイガの歌姫―六覇国伝とか砂の王―ウィザードリィ外伝IIとかウルティマアンダーワールド
とか私的オススメの宝庫です!発掘せよ!
ノベライズが多いけど単にゲームをなぞるだけではない重厚な世界観の物が多かった気がしますです。

ファミ通のほうはファイナルファンタジー11―祈りの風
これもノベライズだね。
内容的にはどうってことないけど、最後の女神の祝福のシーンだけは素直に感動しました。
ファミ通文庫の私的存在価値は桜庭一樹ただお一方につきるのでございます。

6. 初めて読んだ集英社スーパーダッシュ文庫(集英社スーパーファンタジー文庫)作品は何ですか?
TO THE CASTLE―トゥー・ザ・キャッスル

7. 初めて読んだMF文庫J作品は何ですか?
神様家族!!!
初めてにして最高の作品。
桑島さんは天才だと思った。
最初読んだときは途中で放り投げようかと思ったけど……最後まで読み通して良かった。
ライトノベル至高の一作を挙げろと言われたら、私は迷わず神様家族を差し出すでしょう。


8. 初めて読んだコバルト文庫作品は何ですか?
マリア様がみてる
なんか話題になってたので。でも個人的にはいまいちでした。

9. 初めて読んだティーンズハートorホワイトハート文庫作品は何ですか?
読んだことありませーん。
上のコバルトもそうだけど、少女レーベルには興味はあるけどあまり読んだことないです。
誰かオススメあったら教えてください。

10. 初めて読んだライトノベル作品(ヤングアダルト/少女小説)のレーベルは何ですか?
角川スニーカー文庫

……と思ったけど久美沙織さんのMOTHER(マザー)―The Original Story
とどっちが先だったかなあ?
これ読んだときは衝撃でした。今の私の読書スタイルにもっとも大きな影響を与えた本の一つです。


こうしてみると結構古参ぽい?
でも高校入ったあたりで読まなくなった時期があったので(その代わりに世界文学にはまってました)そんな数は読んでないです。
ここ2,3年かな再び読み出したのは。
なんでだろう?一つは桜庭一樹と桑島由一というふたりがモチベーションになっていると思うけど。
かわりに最近はSF分が不足している……
| mikazuki | 読みました | 01:10 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:10 | - | - |
ええ
| 耳そうじ | 2008/10/24 1:56 PM |










http://mikazuki.jugem.cc/trackback/23
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (JUGEMレビュー »)
桜庭 一樹
子供ではいられず大人にもなれない。
生きるために戦いながら、その無力さに打ちのめされる。
男の子だったら別の表現をしたでしょう。「強くなりたい……」と。

大人もかつてはみなサバイバーだったはず。

そういうお話。
嘘つきは妹にしておく
嘘つきは妹にしておく (JUGEMレビュー »)
清水 マリコ
清水マリコさんのオリジナル第1作。
現実と虚構が混然となるすばらしい世界観。
優しく心地よい文章。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
このページの先頭へ