MyForrest -by Mikazuki-
<< 南青山少女ブックセンター2とジェリド・メサとトム・クルーズと | main | 桑島さんのもえたん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
サヴァイヴ
まいじゃーさんのおなじみ名台詞で推定少女から取り上げられていました。
「無事に大人になったら、オレたちの勝ちなんだよ。戦争はずっと続くけど」

いつになったら戦争は終わるのですか。
いつまで経っても大人になった気がしないのはなぜですか。
敵はどこか。
味方はいるのか。

本当は何も変わってはいないのではないか。
ただこの状況に慣れていくだけ。
それが大人になると言うことなのか。

ただいくつになっても慣れないのは敗北の味。
これに慣れたら大人になれるのだろうか。


ゲーム的ファンタジーの功罪

・・・指輪はエンターテイメントですよ。映画見ればわかると思うけど。
原理主義者がどうこう言うのはガノタが「初代以外は〜」とか言うのと一緒です。
というか文学がエンターテイメントでなければなんなのか。芸術がエンターテイメントでなければなんなのかと思うのですが、変な理屈こねくり回す人はどこにでもいるものです。

>スベスベマンジュウガニ様
ゲーム的ファンタジーという言い方はいかにもな言い方ではありますが、確かにゲームの影響はあるのではないでしょうか。
少なくともファンタジーを知るのが本よりもゲームが先という状況は同じだと思います。
最近ハヤカワとかで輸入されているエピックファンタジーもの(時の車輪とか)はもろにライトノベルですし。
ただこの記事で言ってるゲーム的という言葉は具体的にゲームを指しているのかどうか疑問です。
なんか適当にひっくるめてそれっぽい名前を付けてるだけのような。

RPGは日本みたいに一番人気ではないと思いますが、それなりに出ていますよ。
と言ってもドラクエやFFみたいなのとは違いますが。
日本でなじみのあるものと言えば、DiabloやUltimaOnlineといったあたりを想像していただければわかるかもしれません。
この辺は美意識の違いもあるかもしれませんが、欧米にとって中世ヨーロッパの世界というのはほんの数百年前までの自分たちの状況だったわけですから、日本人がいい加減な時代物に我慢できないのと一緒かもしれません。
まあでも外に出るとモンスターがいて剣と魔法で戦ってというのは変わりないですけど。

しかし、こういうハリーポッターみたいな安っぽいファンタジーものというのは昔から星の数ほどあったはずですし、ゲーム的と言って括ってしまうのはゲームを知らない人の言う事という感じがします。
元記事読んでもちょっと感傷的で具体的な主張はあまり無いですし。

メタなファンタジーの問題と言うことでは日本のスレイヤーズの功罪とかロードス島戦記がどうとか言うことに通じる気がしますが、元記事ではそういう点を問題にしているわけではないし。

>架空の舞台を借りて現実を描くのだ
こういう読み方をするのは大人だけだと思うんですけどね。何でも現実に置き換えないと理解できないと言う。
だって子供には大人の言う現実なんて意味無いですもん。
それは子供にとっては現実ではないですから。
それは今も昔も同じだと思っていましたが、違うのでしょうか?

ハリーポッターの人間描写がどうしようもないとか、あまりに独善的な善悪観とか問題にしたいのはわかりますが、それは単体の問題だと思うのですよね。二匹目のドジョウ的なものの群れも含めて。

だいたい今のファンタジーブームなんてここ数年のものなのに、今時の若者はなんて言っても。
むしろ最近問題なのは「お粗末な人間理解しかできず、読書でも実人生でも人間関係が複雑になってくるとお手上げになってしまう」大人、特に中年以上じゃないでしょうか?
キレる若者とか言ってたのも今は昔最近は4,50代以上のキレた末の犯罪も多いです。
「今時の若者は」とかいうのは遙か昔から延々と言われ続けているわけで、実は何も変わってないんじゃないでしょうか?
変わっているのは自分たちなのにそれに気づいていないだけ。
想像力が足りない気がします。

最近世の中異常だ異常だ言ってますが、そう考えるとまあ前からこんなもんだったのかもしれませんよ?
| mikazuki | 雑記 | 10:28 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:28 | - | - |
| 耳そうじ | 2008/10/24 1:45 PM |










http://mikazuki.jugem.cc/trackback/34
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (JUGEMレビュー »)
桜庭 一樹
子供ではいられず大人にもなれない。
生きるために戦いながら、その無力さに打ちのめされる。
男の子だったら別の表現をしたでしょう。「強くなりたい……」と。

大人もかつてはみなサバイバーだったはず。

そういうお話。
嘘つきは妹にしておく
嘘つきは妹にしておく (JUGEMレビュー »)
清水 マリコ
清水マリコさんのオリジナル第1作。
現実と虚構が混然となるすばらしい世界観。
優しく心地よい文章。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
このページの先頭へ